人気ブログランキング |

カテゴリ:inside( 68 )

在り方

産休に入ってしばらく経ち、それなりにやる事もあるから小忙しい日々ではあるけど

それでも働いていた時よりは幾分時間にも心にもゆとりができて、おかげさまで元気です





ついつい過去を振り返ると、
ここ数年の私は本当にバタバタと慌ただしくて


それは社会人で、妻で、嫁で、母でと肩書きが増えたからこそのものと
目に見えないものに試されているような、試練続きの数年でもあったな、と
少しインターバル中の今、よくまぁぐちゃぐちゃながらやったもんだと
自分で自分を褒めてあげたいなとも感じた



しかし!!!(笑)
振り返れどそんなおセンチ気分に浸るほどには余裕はなく…

3月に入って本格的に変わったことが娘に少なからず影響をしていてそれが今一番の悩み…

まず、臨月に入ったため運転は控えるのと産後の生活も考えて幼稚園の帰りがバス通に
これは本人喜んでニッコニコで毎度ご帰宅されますが、
それに伴っていつも17時半に帰宅していたのが14時半になって、私と家で過ごす時間が増えた


これも、私個人の考えとして、きょうだいが生まれるまでできる限り娘と一緒に居たいなという思いと、その方が娘にも良い影響になるかなと考えたからなんだけど

4月から年少クラスに進級するため、保育教育から幼稚園教育に切り替わる準備として
同じく3月から午前のおやつや午睡、午後の過ごし方が変わって、1日のリズムがガラッと変わった疲れからか、不機嫌だったり情緒不安定だったりして冷や冷や…

先生嫌い!ばあちゃん嫌い!
など、心を許した人にあたり散らすように…
出来てたことをできない!やりたくない!
とかダダも増えて、注意されるとベソかき

うーん…
恐らく生活リズムの変化に加えて、私のお産がいよいよ近づいて家族みんなソワソワした雰囲気が、娘には複雑なんではなかろうか



こういう時いつも思うのが、
正しい叱り方とか正解の接し方なんて無いんだということと、
今私が無理ない範囲でできることをやろう
ということ

私だって疲れてる時もあるしイライラしてる時もあるし、毎回全神経すり減らしてまで全力で娘に対応はできない…情けないけど

注意したことや叱った意味をうまく伝えられなくても、伝わらなくても
でも、いつも気にかけてるよって感じてもらえるように接することは心がけてる


なので、降園後は娘がより心地良く過ごせるように彼女のパターンをよく見て工夫

着替え→手洗いの流れを習慣づけるために服を何着か事前に用意して、娘に選ばせたり帰宅後のおやつを軽食にしたり、遅い昼寝は夜に影響するから避けてたけど、1時間以内ならまぁいいか!と割り切ったり、お手伝い遊びの時間を増やしてお米研ぎやお味噌汁づくり、皿洗いを一緒にしたり

私にも無理ない範囲で楽しく一緒に居られるように心がけた
そしたら今日は園でも比較的にこやかに過ごしてたとのこと!

少しずつでも、良い方に向かっているなら安心




あー、本当は
本音を言うならば、
こんなんで私2人育児できるのか?!って不安は尽きない
でも、やるしかない
いや、やったるで

新しく家族が増えるって、自分も変わっちゃうくらいすごいことだ
どんどん変わってしまう私
変わらざるを得ないけど、変化することを恐れるばかりではいけないね
むしろ楽しんじゃうくらいの余裕ある人間でありたいわ


女の人はこうやって鍛えられたくましくなって立派なおばちゃんになるんだな!(笑)

by h_journal | 2019-03-08 09:31 | inside

road of the maternity 2

第二子妊娠の話
記録という意味も持たせたいので結構赤裸々に綴ると…


まず、実は今回の妊娠は私にとって3回目
2017年5月、実家に移住してすぐの頃、月のものが来る辺りで体調が優れず妊娠を悟った
しかし!田舎な新天地では生理予定日から使える検査薬がなかなか手に入らない!
ドラッグストアはベビー用品よりシニアアイテムばかりが充実している!(笑)

それでも、いつもと違う身体の異変にこりゃおかしいぞと検査薬を買って試したところ…
陽性反応!

あらまやっぱりぃ〜?!と驚き半分喜び半分でいたお気楽な私でしたが

その時の妊娠は結果からして化学流産と言われる妊娠超初期段階の流産となりました
陽性反応が出た翌日、腹痛を伴う出血が始まり正式な妊娠には至らなかった
もしかしたら陽性反応は何かの間違い?(生理予定日から使えるタイプじゃないのを使用した)かもしれないし、初期段階すぎて妊娠したのかも本当は定かではないけどね


そんなことがあって、私の中で2人目を授かりたいという気持ちはあるものの、なんだか複雑になってしまった…
娘と同い年の子を持つ周りは、2歳差で順調に2人目を産んでいる中、自分を責めることだけはしなかったけど、夫さんとの間では、2人目ネタは自然とアンタッチャブルになった

そしてその年の秋に、私はデザイン会社をリストラという形で退職し、育児優先で仕事ができるようにパートタイマーで地元の印刷会社に勤め始めた
でもこれが結構忙しくて、パートだけど正社員並みにバリバリ働いて育児、仕事、家庭の3つの皿を回す事だけに夢中で必死で、10年近く勤めた会社を去る事になった傷もあるし、2人目問題なんてあっという間に吹っ飛んだ(笑)
在宅ワーカーから車通勤にもなって、あれだけ苦手だった車の運転もしなきゃだったし、ガラッと変わった生活リズムや仕事環境の変化はあの時凄く辛かった部分もあったけど、それはそれで、だったなぁ



…が!!!
神さまは容赦なかった(笑)
印刷会社の仕事事体は忙しいけどやりがいがあって充実してたし、下手したら前のデザイン会社より好きだった
一緒に働いてた人達も好きだった
けど、経営者と徹底的に合わなくなって関係が悪くなり、私はそこも去ることにした
最終的に経営者側が謝罪するという形で引き戻しも受けたけど、私の中でもう何かが決定的になった

「好きなことをしばらく仕事にしたくない」



本当に20代ラストの1年はいろいろありすぎた

移住して、流産?して、リストラされて転職したけど半年で辞めて
その度にどんなに傷ついて苦しくても、自分には幼い娘や家族がいて、メソメソ泣いてる場合でもなかった

私、鬱とかなんてなってる暇ないから!!(笑)
ひたすら走って走って、走った先に何があるのかも掴めないまま、どんどん増える傷と不安と悩みと苦しみを抱えそれでも走る

そんなグチャグチャな中でも唯一救いだったのは、夫さんも同居のお母さんも、私を特に腫れ物扱いするでもなく、何かアドバイスくれるとかでもなく、ただ静観してくれていたこと
だからか、これ以上心配させられない!とか
余計な気負いはせずに走れた気がする


そして、サラッと簡単に車屋さんでの事務の仕事が決まった
けど、結局事務仕事と兼用でPOP制作やデザインの仕事も求められて請け負うことに…
なかなか完璧に離れることは難しいね(笑)


で!ついに逸れた話が戻ります(笑)

印刷会社を去ってから車屋さんに勤め始めるまで、少しインターバル期間がありましてですね、
どうやらその間に第二子を授かりまして、そうとは知らずに車屋さんに拾われ今に至る所存でございます(笑)


でもその辺りから、むくむくと、私の中でまた2人目に対する考えとかも芽生え始めてきてて、それは夫さんも自然と同じ気持ちだったみたいで、特に話し合ったりはせず、計画を立てるでもなく、自然と第二子を授かりました



私ね、本当にいろいろあって、というよりありすぎて怒涛の20代ラストだったけど、結果オーライってまさにこういうことを言うのかなって思うよ

傷ついて泣いて喚いてもどうにもならないことはある
泣き喚きたくてもそれすら許されない時もある

けどそんな時こそ、自分次第
神さまはみてる
だから、こんな私のところにも、また赤ちゃんがやって来てくれた
必要としてもらえた
そう思ったら、なぁんだ!私ったらなんだかんだ言って幸せじゃん?とかあっさり思えて(笑)


有り難いことに、車屋さんも妊婦な私を受け入れてくれて、悪阻とか上の子の体調不良とかでしょっちゅう休んで多々迷惑かけたりもしたけど、私なりに今の私が出来ることを一生懸命やって、無事産休に入った所存です



さぁ!さぁ!後は人生2回目のお産に一本集中!

そして来たる2人育児!!想像するだけで恐い!ハッキリ言って自信ない!
しかも娘、今の時点で絶賛赤ちゃん返り中!えげつないくらい甘えてきます!箸すら持たない!(笑)


と、ここまで妊娠に至る話をダーク&こってりめに綴りましたが
次は2回目の妊娠体験のことをまとめようかな!
a0303308_15270572.jpg
幸せがふたつ


娘の母子手帳(赤)と2人目の母子手帳(緑)
Hanna Hulaのりんご型!デザインと機能共に大大大のお気に入りで娘を授かった時から、絶対2人目とお揃いにしよう!と決めてたけど、授かったらもう売ってないとか嫌だなぁとヒヤヒヤしたりもした(笑)
見事に夢が叶ったぜ!


by h_journal | 2019-02-22 15:30 | inside

憧れ

娘さんの話し

娘、最近保育園で仲良しの子ができました

と言ってもまだ1歳なので(ほぼ2歳だけど)
やっぱりお友達、というよりは気になる?憧れ?なのかな
1つ上のクラスのAちゃんというかわいい女の子

「Aちゃーん、Aちゃーん」と娘は家でも園でも憧れのお姉さんを呼び
お迎えの時間が重なった時、2人で一緒に滑り台したりブランコで遊ぶ姿が微笑ましい
とにかくAちゃんのすることやることマネしたがる

なにより娘が大人以外の、歳の近い子に興味を持ち始めたのが、親としては嬉しい
Aちゃんママいわく、Aちゃんは只今絶賛お姉さんぶりたい期らしく
恐らく娘はAちゃんにとって面倒をみてあげたい存在なのでしょう
「こっちだよ〜おいで〜」と娘の手を引っ張って遊んでくれる優しいAちゃん
しかし、Aちゃんは娘をフルネーム呼びする(笑)


うちの子の通っている園はこども園なので
14時半になると保育園は終わって、お残りの子たちは併設されている保育施設に異動する
(よくわかってないけど、保育園通ってない外部の子も来たりする?らしい)

いろんな年齢の子と混ざって関われるからいいなと思っていたけれど
同じクラスの子とは果たして仲良くしているのか…
と思っていたら、クラスメイトにこの前手を出したらしい…
前から気にはなっていたけれど、どうやら娘にやたらちょっかいを出す子がいて
娘はその子が気に入らなくて、なにかされて相手をひっかいたとのこと…
私に似て気が強いから困る(笑)

自分から相手にちょっかい出す子ではないとは思うけど
園でも家でも、怒っても相手を叩いたりひっかいたりしちゃダメと
今根気よく教えているところです


人間関係って、もうアラサーの母ちゃんですら未だ超苦手だし
なかなか難しいよね…

どうか社交性に関しては超絶社交家の夫に似ることを願う(笑)



そんな母ちゃんも昔、憧れの年上の女の子がいました
うちの親が昔やってたガールスカウトにいた子で、
お父さんがブラジル人のハーフの子
とても美人で、優しくて気立てが良くて、恋とかオシャレとか
いろんなことに詳しくて、本当に憧れてた

ある時どうしてもその子とえんま市(地元の祭り)に行きたくて
私は手紙を書いて親に頼んで渡してもらったんだけど
↑しかも当時我が家に来たばかりのWindows95のペイントソフトで
頑張ってつくった手作り便箋という気合のいれよう(笑)

だけど、その子からの返事はNOで
(確か親が子供同士でいくのダメとかって言ったとかそんな理由)
めっちゃくちゃショックで夕飯も食べずに布団でメソメソしたことがある(笑)

Aちゃんの後くっついて遊んでる娘を見ていて、思い出した


憧れの人がいるって、なんかいいよね


by h_journal | 2017-06-06 11:15 | inside

移住のこと

この前ブログに移住に至った経緯を書きましたが
読み返したらなんかめっちゃダークな話だったね(笑)

あれからめちゃくちゃ心配されましたが
本当の本当に今は大丈夫です!
おかげさまで娘は愛しく、夫さんとも円満に、お母さんとも仲良く穏やかに暮らせております



で、肝心な話をしていなかったのだけれど
友人知人から
「マスオさん(嫁実家で親と同居)できるって、旦那さん偉いね〜!」
と感心され、夫さん株急上昇しています(笑)


偉いかどうかは敢えてコメントを控えますが
実は、移住は夫からの提案でした


子どもを産んでしばらく経った去年の初めくらいに、夫さんの前職がめちゃくちゃ激務になって
県外出張も遠征も頻繁で…
そうなり始めの頃は本人も頑張っていたし
私が産休育休中は家のことも私1人で大丈夫だったからなんとかなってたけど
私が仕事復帰してからはやっぱりいろんなバランスが崩れてしまい…

だから、私が入院しちゃったりとか家族みんな風邪ひきまくったり、いろんなことにガタがきたのかな


そんな中で夫さんから
「柏崎に移住しよう」と提案があったのでした

なんていうか
本当の実家じゃない夫が同居をのぞみ
本当の実家である私が同居を渋るという

不思議なことが起きたんです(笑)


私の親からも同居を望まれていたし
そう提案され、そうと決まってからは極自然と事が運んだような気がする

…けど!
正直私は私の地元&実家に帰ることを快諾できずにモヤモヤを抱えたまま来てしまった…

私としては、子どもを産んでも仕事を続けたいと願った(かつ願われた)のもあって
やっぱり自分でちゃんとやり切りたいという気持ちがまだあって
それに、新潟に暮らし始めて10年経ち
ここで築いた人間関係とか環境を手放したくないなとも思った
それに、新潟の便利さに慣れきっていたし(笑)
でも実際は、子育ても仕事も手に負えない状態になっていたから
その提案を蹴る選択肢は、私にはなかったなと思う

と、まぁ、いろんな要因や気持ちの変化とか
たくさんのことが発生して絡まったりしてここまで来ました


それでも、夫さんから言われたことはとても嬉しかった
親のサポートを受けるなら、新潟市内の夫実家近くに住むことだってできたのに
敢えて柏崎を選んでくれたのはそう望むほどに、私の家族を大切に思ってくれてるのだなと

でも周囲はきっと、私が夫を抱き込んで自分の実家に来たと思っているんだろうな(笑)
実は夫さん父は私たちの決断をよく思ってないみたいだし…
でもそれでかまわないの
いつか、解ってくれたらそれでいい



今回の大きな決断は、すんごい手に汗握るギャンブルのようだった…!
いろんな問題が山のように降って湧いて
毎回何とかクリアしていく感じでスリル満点でした…(笑)

じゃあ結婚して子ども生む前に定住地決めとけよって話だけど
なってみないとわからないことってあるから
人生計画通りにはいかないんだなって、すごく思い知った出来事でもありました

移住して思ったのは
人間関係だって、柏崎にだってまだ繋がりはあって
新潟ではなかったご近所挨拶とか
確実に新潟より便は悪いけど
今の時代ネットで買い物できるし
アパート時代にはなかった私専用の仕事部屋も手に入った(笑)

実際暮らしてみたら、やっぱりここも快適でした
住めば都にできるんだよね


まだ、今の生活を当たり前にできていないので
もうしばらくしたら、気持ちの整理も兼ねて
移住のことは書き足そうと思う


とりあえず、私はげんきです!





by h_journal | 2017-04-14 16:54 | inside


夫のゴツゴツでガサガサな働き者の手
あたたかな家族
もう1人の頭の中の私
シルバーのボールペン
朝日
晴れた午後の陽だまり
空の青さ、雲の儚さ
夕暮れ
鉛色の空
雨の日のドライブ
静かな夜の雨
川面のきらめき
友達からの手紙
眉毛の傷
左薬指のリング
15歳のままの彼
誓いの海
河原


私の大切なもの
大好きなもの
大事にしたいもの


だけど私はどんどん変わっていって
たくさん忘れていく
手にしたいと願っては
叶ったり叶わなかったりして
後悔と涙と苦悩にまみれては
ささやかな幸福に心を奪われる

そうやってどんどん澄んでいって
いつか真っさらな状態に戻っても
何も恐れずに、残してゆく愛する人たちに
笑って手を振りたい



どんなに辛く希望のみえない日々の中にいても
大事なものを大事にできますように



by h_journal | 2017-03-22 22:42 | inside

夜更かしに独り言

この時間まで、仕事や盆暮れ以外で起きてるの久々だなぁ


久々の夜更かし
漫画読み、そこから眠くもならずにいて…


今、いろんなこと抱えすぎていて
いろいろいっぱいいっぱいで
グチャグチャで
自分、大したことできないなーとか
不器用だし情けないくらい豆腐メンタルだなとか
自分の器も知って

なかなか打ちのめされています(笑)

弱くなったのは、守るべきものがあるからなんだ


それでも、泣かなくなったな
この前久々に泣いて、泣きながら
あ、やっと涙流せた!

と思ったくらいに(笑)


でもね、やるしかないし
やらないといつまでも苦しいし
乗り越えたいから、頑張るのさ

今、心の底から笑うことはちょっと難しいけど
フラフラで、吹けば飛んじゃうような精神状態だけど
ギリギリでも生きなきゃだからね

頑張ります

大丈夫、大丈夫
春はもうすぐ
by h_journal | 2017-03-06 00:23 | inside

反省

えっと…

何してたんだっけ?最近…
そんな感じで日々を乗り越えています(笑)

はぁ〜〜〜

毎日ドタバタで忙しくて
仕事もプライベートも祭り状態〜

この時期は毎年こんな感じだよね
おまけに副鼻腔炎と突発性難聴は
まだあまりよくなくて、病院通っている状態
いろいろね、
耐え忍ぶ時期でもあります
そんななか、まぁまぁなんとか元気にやっています



それでも、忙しさにかまけて
このところ、余裕がなくて
それが娘に伝染してしまったらしく
この前保育園で「最近笑顔がなくなって、1人でポツンといることがあったり、お昼寝できなかったりするんです」
と言われ、とてもとてもショックでした…

も〜〜反省!
こんなの私がモットーとしている育児じゃない!

家では全然変わりなく、元気にやかましいくらいだったので
気にもしていなかったけど、私達親がいない時、そんなことがあったなんて…

おかげでなにが一番か気づかされました
バカだからね、すぐ忘れちゃうのよ
一番大事なこと、娘のこと、家族のこと

でも1日そんな日があったくらいで
その後はいつもどおり園でもお転婆ガールしているみたいです
よかった…

娘の笑顔が、大好き
家族といる時間が一番好き

そう思いながら仕事頑張ってたら、いつの間にか
仕事のほうにばっか頭持ってかれちゃって
こうなっちゃうのよね〜
なんで珍しくこんな時間にブログ書いてるって
仕事してたのよ〜!

は〜〜〜
早く繁忙期、終われ〜!!!

by h_journal | 2017-02-16 23:55 | inside

在り方

夫さん不在中の日曜日

娘さんがお昼寝始めたタイミングで、洗い物やお風呂掃除を念入りに

つかの間の1人時間、優雅になにかあったかい飲み物でも…
と思っても何が飲みたいか思いつかず
うーん、こんな時は食べたいものを食べましょう〜と健康診断での体重ショックを忘れたふり(笑)
ツナと大根おろし増し増しの和風パスタうまい〜
娘さんにも結構ウケがよくてよかった


その後、今日は近くの図書館へ
絵本大好きな娘さんに好評で、もっと早く来ればよかったー
図書館から公園→また大好きな河原へ

この土日は娘さん優先の娘さん中心生活でした




パパのいない短期母子家庭生活の中、
娘さんと2人の濃ゆい時間を過ごしているけど
べったりが嬉しい反面やっぱりいつも以上にグッタリ(笑)

そんな中見えてきたのは母親としての自分…
なんだかねっ



家庭に育児に仕事に…両家の親も近くにいない
そのことを言い訳に、私は何かしらすぐ妥協する癖がつきはじめてるなと思うこの頃

ごはんしっかり作ってあげたいけど、忙しいからこんなんでいいよね、
もっと遊んであげたいけど、アレやらなきゃだからもういいよね、


もちろん!妥協も大事
だって私は私1人しかいないし!
お金に余裕があるわけじゃないし、かといってじっくり手間をかけてる時間も実質ないのだから

けれど…、でも…、
そんな気持ちが生まれて、いや、本当はもっと前からあったのに、私が見て見ぬフリしてただけ
気持ちと現実のギャップ…

悩まない子育てなんてない、という言葉を励みに
してきたけれど、悩むだけでいいの?
悩むだけで、結果うやむやにしちゃうのがお決まりパターン


食事にムラが出始めたとか、まだ離乳してないとか、夜中に起きちゃうとか、しつけとか

悩みがドッサリありすぎて、日々のせわしさも相まってとてもこなせない…



前に、妊娠を期に仕事を辞めて、今は専業主婦の人に言われたこと

「働きながら家事と育児って余裕ないでしょ?
1歳から保育園って、かわいそう…」


それって、私のしている事は間違いってこと?と思ったのね
間違いかどうか、私自身わからないし誰かに判断されるものでもないとは思うけど

ただ、いつか、あの選択は間違いじゃなかった!と思えるように頑張ってるよ
未来の自分が納得できるように


娘さんがどう思ってるか、本当のことはわからないけど、保育園での様子や通う姿に不憫はまったく感じないよ
毎日楽しそうです

もう少し大きくなって、保育園行ってたことが彼女にとって少しでもプラスになればいいな
そうなってほしいと思うし、そうなると信じてるよ

娘さんのためにできることは頑張りたい!
この気持ちを絶えず燃やし続けるために
私は私の在り方を模索しなければ…

多分、いろいろ見直す時期なのねっ

本当の気持ちや悩みや課題…
頭の中のこと、ちょっと整理してみて、先のこととかも考えてみたり…


あぁ〜頭良くなりたーい!(笑)

いつかの書き初めで書いた「良妻賢母」

なりたいなりたい!(笑)


ささ、明日に備えて今日は寝よう
夫さんがいない中、私、頑張ってるよ…
当たり前だけど誰も褒めてはくれないから、自分で自分を褒めて眠りにつきます(笑)




by h_journal | 2016-12-04 21:08 | inside

ホッとする日曜日

a0303308_16205526.jpg


只今車中にて、娘さんの午睡待機…

早起きした割になかなか昼寝してくれず、
それならこれから出かけるという夫さんにくっついてっちゃお!と思ったら…やっぱりね、車乗って目的地ついた途端、スヤスヤ(笑)
夫さん車仲間のボスのお店前


雨が降ってきたー
今日は曇り空で、暑いんだか寒いんだかな日



仕事を始めてから日曜日はいつもホッとする…
時間に追われないし、夫さんはいるし

平日は仕事に家事に育児に、本当余裕がなくて
走り抜けた先にある土曜日は、娘さんとみっちり1日一緒で幸せだけどそれはそれで疲れるし(笑)

日曜日は、家族がちゃんと揃ってて、私の心をむしばむやらなきゃ!もないので心も穏やかです
それに今週は祝日もあるし!
あ、週末は結婚式だった…!


もう11月も終わりだねー
一年て本当に早いなぁ
a0303308_16205734.jpg


早いと言えば、やっぱり娘さんの成長も!
今日は午前中新しい靴を買いに行って
早速お気に入りの河原で慣らし
前は怖がってた傾斜の緩やかな土手も、今はニコニコで歩けちゃう!

最近またぐんといろんなことができるようになった
1番驚いたのは
「〇〇の絵本持ってきて♪」というとちゃんとそれを持ってきてくれる!すごい!天才〜!(笑)

思ったよりこちらの言っていることを理解しているみたいでビックリ


ぐんぐん大人になって生意気ちゃんになるけど
でも、今まさに私の腕の中でスヤスヤ昼寝する、娘の寝顔は産まれた時から変わらない♡
早く1人で寝れるようになってほしいけど
でもそういうところにもどこかホッとするような気持ちになる

そんなことに気づいた日曜日の夕方♪


by h_journal | 2016-11-20 15:57 | inside

これまでとこれから

7月31日
今日で娘さんと私の四六時中一緒生活が終わった


…と思ったら1日延びた(笑)
8月1日
今日が本当の(多分)最後日(の予定)!



仕事復帰もまさかの待機児童で1ヶ月延びたし
本当、子育てって思い通りにいかない
けど、そこから学んだことたくさんあって、むしろ良かったのかもななんて…
そう思えたらそれでいいというか、私はこれからも結果オーライでいこうと思う



娘さんは明日から保育園という社会に一歩踏み出します…初回は2時間だけ!(笑)
私ももうすぐ、仕事復帰!
それぞれ新しい生活が始まる…


娘さんと過ごしたこの1年間とちょっとの日々は私にとって宝物になった
彼女に出会えたこと、母になれたこと、産休育休という社会から少し外れて違う視点から家族や世界をみる日々
私の中でいろんなことが変わった
辛いことや苦しい、しんどいこともあったけれど
大変貴重な体験をさせていただきました

この1年間振り返ると、本当てんやわんやでいつもバタバタしてたなぁ(笑)



娘の1年間
a0303308_12351519.jpg

産まれたて、天使かと思った
小さくて可愛くて壊れちゃいそうで…それでも力いっぱい泣いて「生きてる」ってエネルギーが溢れてた

娘の名は
人生において出会うであろう人
人生において経験するであろう機会
人生において知るであろう物事…

人やものや夢や好きなこと、素敵なご縁にたくさん巡り会えますように
また、先祖や家族、たくさんの人の繋がりがあって今ここに自分がいること、自分の辿ってきた縁を大切に想える子でありますように…

そんな願いを込めて、私の父が優しくて美しい人と尊敬していた姉(私の叔母)と、私が大好きな愛猫から呼び名をいただいて名付けました
インスパイア フロム ちぇー(笑)


a0303308_12351699.jpg

生後半年、私の親が大病して家と実家の行き来が続く…寒い時に申し訳なかったし私は全然余裕がなかった(いや、いつもないかも)
でもこの頃寝返りとかいろいろ出来始めてすごい可愛かった!

a0303308_12351658.jpg

1歳間近
もう怪獣ぶりがすごい相変わらず可愛い
イタズラ大好きっ子になって困ることも…
夫さんとちっぺー(娘のあだ名)対策センター(疾病対策センターにかけてる)を設立し、イタズラ防止策を練っては作戦負けする日々…

a0303308_12351701.jpg

祝!1歳!
可愛い盛りで幸せな日々…だけともいかず、待機児童になっててんやわんやする


a0303308_12351778.jpg

a0303308_12351801.jpg

a0303308_12351844.jpg

そして最近の娘さん
私の真似(ヘアバンド)や立っちができるようになって、ワンピースとかも着られるようになり(ハイハイ期にワンピースだと膝で裾引っ張って服伸びちゃうからね)服のバリエーションが増えてオシャレもたしなむように♡
保育園に向けてチャリも買い、ヘルメット被せたらどうみてもキノコ!しかも色からして毒(笑)
あーかわいい…!



あー…娘さん、大好き!好きすきすき!
これまでもこれからも、ずっと好き!

by h_journal | 2016-08-01 22:11 | inside